バーチャルオフィスならKarigo

BLOG

お役立ちコラム

レンタルオフィスのメリット・デメリットは?オフィス選びのポイント

これまでオフィスといえば、オフィスビルの1室を賃貸で借りるのが一般的でした。しかし、最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスなど、オフィスの選択肢が増えています。

レンタルオフィスは、とくに個人事業主やこれから起業する人におすすめのオフィスですが、いまいちどのような施設なのか、どんなメリットがあるのかわからない人もいるでしょう。

そこで今回は、レンタルオフィスの特徴やメリット・デメリットについて解説します。「事業用の住所のみほしい」という人向けのバーチャルオフィスについても解説しますので、オフィス選びで迷っている人は、ぜひご覧ください。

そもそもレンタルオフィスとは?

レンタルオフィスとは、デスク、イス、通信設備といった事業に必要な設備・備品ごとレンタルできるオフィススペースです。

完全個室であったり、広い共用スペースを一部仕切った半個室であったりと、レンタルオフィスによって形態が異なります。また、オフィススペースの貸し出しだけでなく、受付や秘書サービスを用意しているレンタルオフィスもあります。

レンタルオフィスは通常の賃貸オフィスよりもコストが安く済むことが多く、住所のみ借りられる仮想スペースであるバーチャルオフィスと同様に、個人事業主や起業時のオフィスとして便利です。

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いについては、下記の記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い

レンタルオフィスのメリット

個人事業主や起業時のオフィスにおすすめのレンタルオフィスですが、レンタルオフィスを利用することにどんなメリットがあるのでしょうか。

借りてすぐに仕事をはじめられる

レンタルオフィスの大きなメリットのひとつが、借りてすぐに仕事を始められることです。賃貸オフィスの場合、基本的にオフィス家具などはついていないので、契約後に自分でそろえなくてはなりません。場合によっては内装工事や通信設備の工事も必要になるでしょう。

一方、レンタルオフィスはオフィス家具や通信設備など、仕事に必要な設備・備品が用意されているので、内装工事などは不要ですぐに仕事を始められます。

自分で持ち込むものといえば、仕事用のパソコンや事務用品程度です。事業が拡大したらオフィス移転を考える人もいると思いますが、私物が少ないため引っ越しの手間もかかりません。

オフィスにかかるコストを抑えられる

オフィスにかかるコストを抑えられることも、レンタルオフィスのメリットです。賃貸オフィスを借りるときには、保証金や仲介手数料などでそれなりの初期費用がかかります。月々の家賃や水道光熱費といったランニングコストも高めです。

対して、レンタルオフィスは保証金なしというところもあり、仲介手数料もかからないので初期費用が安く済みます。さらに家賃も賃貸オフィスより安価で、月額料金に水道光熱費が含まれることも多いため、ランニングコストも抑えやすいのです。

また、短期契約ができるのが一般的で、途中解約でも違約金が発生しないレンタルオフィスもあり、オフィスの移転などがしやすいというメリットもあります。

会社所在地として法人登記ができる

レンタルオフィスは、法人登記の際に会社所在地として登録できるというメリットもあります。

自宅オフィスでも法人登記はできますが、自宅住所を不特定多数に公開することに抵抗を感じる人も多いでしょう。レンタルオフィスの住所であれば、自宅住所を知られることがないので安心です。顧客や取引先の担当者などの訪問にも対応しやすいでしょう。

ただし、法人登記がオプション扱いになっていて、別途料金が発生するレンタルオフィスもあるので、法人登記で利用する可能性がある場合はあらかじめ確認しておきましょう。

レンタルオフィスのデメリット

すぐに仕事を始められる、コストが安いなどのメリットがあるレンタルオフィスですが、いくつかデメリットもあります。

好みにあわせて改装できない

レンタルオフィスのデメリットのひとつが、好みに合わせて改装できないことです。内装工事などが必要ないことがレンタルオフィスの強みですが、家具や内装を変えることができず使いにくい、独自色が出せないというデメリットにもなり得ます。

来客スペースを広く取ったり、在庫スペースを確保したりすることができず、困ることもあるでしょう。

プライバシーやセキュリティ面で不安がある

スペースの一部を仕切っているだけの半個室タイプのレンタルオフィスの場合、プライバシーやセキュリティが確保しづらいというデメリットもあります。

完全個室・ロックつきのレンタルオフィスであれば、それほど心配はありません。しかし、半個室の場合、外に会話が聞こえてしまいます。

そのため、ほかの利用者の声がうるさくて集中できなかったり、業務の機密に関わる打ち合わせができなかったりと、不便に感じることがあるでしょう。情報流出や盗難のリスクもあります。

料金が予算を超えることもある

賃貸オフィスと比べてコストが安いレンタルオフィスですが、便利だからと秘書サービスや共用スペースの利用といったオプションをつけると料金が高額化します。

オフィス関係の予算をオーバーしないように、どのサービスが月額料金に含まれるのか、オプション料金はいくらかといった点をしっかり確認しておきましょう。

住所のみを借りるならバーチャルオフィスもおすすめ!

自宅をオフィスとして利用する際、「オフィススペースはいらないけど、住所だけ外部に用意したい」という人もいるでしょう。そんなときは、バーチャルオフィスがおすすめです。

バーチャルオフィスならではのメリット

個人事業主であったり、広いオフィススペースは必要なかったりする人には、住所のみレンタルできるバーチャルオフィスを利用する選択肢もあります。

バーチャルオフィスは実際のオフィススペースがないため、レンタルオフィスよりも料金が安価で、初期費用やランニングコストが安く済みます。

都心の一等地の住所を貸し出しているサービスもあり、会社の印象をアップするのにも役立つでしょう。バーチャルオフィスによっては法人登記にも対応しているため、法人成りや起業の際にも活用できます。

Karigoはバーチャルオフィスの老舗でサービスが充実している!

バーチャルオフィスの利用を考えているなら、ぜひKarigoをご検討ください。Karigoは全国に50拠点以上を展開する老舗バーチャルオフィスです。利用者確認や郵便物、荷物、電話の管理が徹底しており、安心してご利用いただけます。

銀座や西麻布、大阪市や札幌市などの一等地の住所を、月々3,300円~利用することが可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。

まとめ

賃貸オフィスよりも安価にレンタルでき、設備や備品もそろっているレンタルオフィスは、個人事業主や起業時のオフィスにぴったりです。また、住所だけの利用なら、バーチャルオフィスという手もあります。

最近は、賃貸オフィス以外のオフィスも増加しているので、どのオフィスが合っているか、じっくり検討してみましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ