バーチャルオフィスならKarigo

BLOG

お役立ちコラム

バーチャルオフィス

自宅兼オフィスにするメリット・デメリットとは?3つの注意点も紹介

オフィスを借りるための初期費用や賃料は高額になりがちで、起業の際には負担が大きいものです。コストを抑えるために、自宅をオフィスとして利用できないかと考える方もいるでしょう。 しかし、自宅兼オフィスは事業で不利に働くケース …

自宅兼オフィスにするメリット・デメリットとは?3つの注意点も紹介 もっと読む »

eスポーツにビジネスチャンスはある?最新動向から収益化の方法まで

「eスポーツってどうやって収益を得るの?」「ビジネスチャンスはある?」といった疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。近年ますます注目を集めているeスポーツですが、ビジネスになるのか気になりますよね。 この記事では …

eスポーツにビジネスチャンスはある?最新動向から収益化の方法まで もっと読む »

バーチャルオフィスでも融資は受けられる?受けやすくするポイントとは

これから事業を始める方にとって、資金の確保は重要な課題です。銀行からの融資を考えている方も多いのではないでしょうか。 近年、起業時のコストを抑える方法として、バーチャルオフィスを活用するケースが増えてきました。そこでこの …

バーチャルオフィスでも融資は受けられる?受けやすくするポイントとは もっと読む »

フリーランスの名刺は住所なしでもOK?自宅住所を記載しない方法とは

フリーランスとして仕事をしていく中で、名刺は大切な営業ツールのひとつです。名刺を作るうえで、何を記載するか迷っている方もいるのではないでしょうか。特に、フリーランスの方は住所なしの名刺でも良いか悩んでいるかもしれません。 …

フリーランスの名刺は住所なしでもOK?自宅住所を記載しない方法とは もっと読む »

SOHOで登記は可能か?SOHO物件でできることや注意点を紹介

SOHOとは、「Small Office Home Office」の略で、自宅や小規模なオフィスを仕事場とする働き方です。個人事業主やフリーランスなど働き方が多様になり、SOHO物件で働く人も増えつつあります。

事業を行う人の中には、SOHO物件で登記をしたいと考える人もいるでしょう。この記事では、SOHO物件での登記は可能なのか、登記する際の注意点などについて解説します。

バーチャルオフィスを利用する場合の納税地は?個人・法人別に紹介

バーチャルオフィスとは、実在しない架空のオフィスのことです。バーチャルオフィスの住所を登記した場合、納税地が自宅になるのか、バーチャルオフィスになるのか、疑問に思う方もいるでしょう。

この記事では、バーチャルオフィスを利用する場合の納税地について、個人、法人別に紹介します。また納税地を選ぶポイントや注意点についても紹介しているため、参考にしてみてください。

シェアオフィスにはデメリットもある?上手に選ぶ4つのポイント!

起業やフリーランスの活動において、シェアオフィスは広く利用されます。しかし、そんなシェアオフィスもメリットばかりではありません。シェアオフィスの契約を考えている際は、デメリットも理解してから行いましょう。   …

シェアオフィスにはデメリットもある?上手に選ぶ4つのポイント! もっと読む »

シェアオフィスとコワーキングスペースの違いについて徹底解説!

新しいオフィスの形として注目を集めるシェアオフィスやコワーキングスペース。いずれも必要に応じて利用できるワークスペースですが、どう選んだら良いのでしょうか。 この記事では、シェアオフィスとコワーキングスペースの違いやそれ …

シェアオフィスとコワーキングスペースの違いについて徹底解説! もっと読む »

おすすめ